広告




2018年3月19日月曜日

京急120年の歩み号を撮影してきました!

京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区 社長:原田 一之、以下 京急電鉄)では、 創立120周年記念日である2018年2月25日(日)から、京急大師線において、歴代の名車のデザインを施した「京急120年の歩み号」の運行を開始します。

この車両は、現在は運行していない大正時代や戦後に活躍した車両から、現在主流となっている赤白基調のデザインまで、歴代の京急車両のカラーリング(計4デザイン)を1編成(4両編成)の電車に再現しており, 約1年間、前身である大師電気鉄道“発祥の地”である京急大師線(京急川崎~小島新田駅間)で主に運行を予定しております。また、車内窓上部分ではそれぞれの車両デザインが使用された時代を中心に、当時の写真、広告およびきっぷなどを展示して、京急の歩みやその時代の当社グループ、沿線地域の移り変わりを紹介していきます。

運行期間

2018年2月25日(日)~2019年2月24日(日)

運行区間

京急大師線 京急川崎~小島新田駅間

使用車両

1500形(車号:1521~)4両編成

京急公式サイトより

先日京急スタンプラリーに参加した際に京急川崎で下車して京急大師線で撮影してきました。
大師線、私は知らなかったのですが京急川崎駅と小島新田駅を結ぶ路線距離約4.5キロの京急の路線です。


やって来た車両を見てびっくり!
全車両デザインが違うんです。

1号車(デザイン使用期間:1924年~1965年)

1924(大正13)年に登場したデ51形の塗装をイメージ。半鋼製電車のデ51形の特徴でもある、木製の扉もラッピングで表現いたします。デ51形は晩年、大師線等で活躍し1965(昭和40)年に廃車となりました。なお、京急創立80周年事業の一環として1978(昭和53)年に復元され、現在も京急ファインテック久里浜事業所内に静態保存されています。

2号車(デザイン使用期間:1951年~1963年)

1951(昭和26)年に登場した500形(1986(昭和61)年に廃車)などの車両に施されていた赤・黄色の塗装をイメージ。この塗装は他の形式の車両にも施されましたが、1963(昭和38)年に全形式の車両が赤・白帯に統一されました。




3号車(デザイン使用期間:1953年~現在)

1953(昭和28)年に登場した初代600形で初めて採用されたデザインであり、現在でも1500形や800形など多くの車両に使用されております。

4号車(デザイン使用期間:1978年~現在)

赤・太い白帯のデザインは、1978(昭和53)年に登場した800形(当時)から採用されました。今回の車両には1982(昭和57)年デビュー当時の2000形や現在の2100形などに採用されているデザインをラッピングしております。

説明文は京急公式サイトより引用してます。

四両しかない電車ですがデザインが全部違って入線してきた時は驚きました。

入線&発車シーンです。

私は一号車のデザインが好きですね。
当時はドアが木製だったようですがドアがお菓チョコレートのようでかわいいので(*´ω`*)1965年に廃車なんですね。
二号車も黄色が入っているのでインパクトありますね。このデザインが運行していたのはたったの12年なんですね。何がいけなかったのでしょう?
三号車、四号車は現在も運行しているデザインです。

京急は約100年前から赤を基調としてその伝統デザインを今もなお引き継いでいるのが好感持てます。
それでいて京急を代表する新1000形や2100形は飽きのこないシンプルデザインでとても好きですね。
ブルースカイトレインやイエローハッピートレインがたまにやってくるとおおおー!っとなりますし、今運行中のリラックマをはじめラッピングにも力を入れている気がします。
これからのラッピングにも期待です♪

ご覧頂きありがとうございます。
YouTubeチャンネル登録者様募集中です。

「にわか子連れ撮り鉄チャンネル」
→http://ur2.link/IDgu
ランキングに参加しています。

鉄道写真ランキング

にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿